収益性
59
活発度
0
人気度
52
収益量
55
投稿量
71
注目度
50

るきるきさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ156件目 / 全302件次へ »

日々投資090615

カテゴリー分け。というか索引
→銘柄ウオッチ http://lukiphel.blog61.fc2.com/


本日の日本市場はダウ先物の軟調さや高値警戒感なども加わって弱い動き、後場にはいるとアジア市場の下落を嫌気したためか一段安になる場面も見られましたが、買い意欲も見られているようで徐々に下げ幅を縮小。ところが引け前30分からまたもや売られる展開で結局-96円で終了しました。

先週末の動きから見てみますと、非常に高くついたSQ値(10147円)を一時であっても超えましたので、今週も期待したところではありましたが、若干、水を差された格好になったと思います。また原油の反落や(今のところですが)ダウも大幅に下落しており、調整感が強まる懸念もあると思います。ただ、では今度は急速に下落していくか、という話になればそれもかなり微妙です。結局、いつものごとく米国次第ということになるわけですし、特に現在の相場はいつもにもまして米国主導ですので、この際、米国を予想した方が確率が良いということになるでしょう。

その肝心の米国ですが金融機関の決算もありますし、それがらみのSQもありますのでそれほどの下落にはならないような気がします。つまり今日は(現在のところは、ですが)大幅の下落をしていますので、明日の日本市場も引きずられて下落。当然、アジア市場も下落するでしょうから浮上のきっかけが掴めず続落で引け。では「売りだ」と思って売ってみたら次の日は大幅に反発といったような掴み所のない相場とでもいうんでしょうか、そういう地合が続くのではないかと思います。

原則、売り主体で良いと思うのですが、天の邪鬼戦法とでも言うんでしょうか、確かに踏み上げの可能性もあり怖い状況ではあるのですが、上げ余地も限定的であることも確かだと思いますので、「上げたときに売」ってポジションを取るというスタンスが良いとは思います。非常に個人的な観点ですが(レポートにも書きましたが)今回の売りはゼロサムで良いと考えていました。つまり、売値より1ティックでも上げれば即座に切って次の売りポイントを待つ、ということです。個別銘柄で6674ユアサ、6622ダイヘン、6506安川電機、6503三菱電機、7201日産、4118カネカなどをしつこく狙ってきた経緯の一部を書いたのですが、ようやくこれらが活きるかもしれません(涙)。これを「種」として同じような形で売り増しのポジションを取っていくわけですが、明日が下げるのであれば売り増しをしないで(むしろ内需銘柄などを仕込んで)、明後日以降に上げたら売るというスタンスです。

もっとも、明後日以降も軟調になるのかもしれませんが。そうしたら持ち株のみで諦めですが(笑)。

株式投資は買いで取らないとイマイチ効率が良くないのですが、現在に限って言えば、オーバーシュート銘柄がぞろぞろしていますので、時間が若干かかる可能性はあるとしても、良いパフォーマンスが期待できるような気がします。個人投資家が随分市場に戻ってきているようで話題になっていますから、押し目は買われる動きが継続するのかもしれませんが、「株価は元の巣に戻る」とも言いますので慌てずに狙うということで。まあ、ダメでもさして損はありませんし、買いで取れてるでしょうからボーナス狙いとでも言うんでしょうか(笑)。

最後に今日、ダウを押し下げている経済指標についてですが、「下げ止まりは見られる」ことについてはどこも大筋で一致しているようですが、回復については必ずしも公言されているほど楽観的ではないように思えます。IMFもそのような見解であるようですが(http://www.cnbc.com/id/31364629)、去年の終わり頃だったと思いますが、ここだったかレポートだったかで、例えば航空業界などに財務懸念が持ち上がるかも、というように書いたのですが、そういう流れになってきてます。まあ当たった外れたはどうでも良いのですが、そういった、「これまでになかった」懸念が出てくるのも、「一段落ついた」と思っている時期ですので、まだまだ楽観的に見ない方が無難だとは思います。

ついでに、麻生政権の支持率がまたもや急落しているとのことですが、とにかく一回、政権変わってみてくれい。何にも変わらないかもしれませんが、少なくともこの非常時に権益政策とバラマキしかできない政党よりはなんぼかマシでしょう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/16(01:34)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。