Mackeyさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ27件目 / 全149件次へ »

毎日早めに退社するための10 の方法

企業は従業員を減らして経費節約を目指すようになっており、一人の社員に対して多くのことを望むようになっています。 求めることが多いということは生産性の向上を意味します。しかしそれは業務時間の延長ではありません。業務時間が長くなれば社員は疲れ果て、燃えつきてしまう可能性があります。社員であれ、マネージャーであれ、企業の経営者であれ、今は誰もが危機を感じています。しかし、効果的な時間管理戦略を導入することによってストレスを減らし、オフィスで有効に使える時間を増やすことが可能です。 より短い時間でより多くの結果を出すための重要なヒント10個をご紹介します。


1. 整理整頓

必要なファイルや顧客の連絡先情報を探すために費やす無駄な時間を、やらねばならない仕事に振り向けることができます。 まずは数時間を整理整頓のために充ててください。そして、整理された状態を維持してください。そうすることで、面倒な問題を回避し、時間の浪費を減らすことができます。


2. 適材適所

マネージャーも社員も、自分の強みを活かせる業務に集中するべきです。 たとえばExcelが苦手な人であれば、スプレッドシートの使い方に長けた同僚にその仕事を頼み、代わりに自分に適性のある仕事を引き受けます。 適切な技能を活用することで、全員の時間を節約することができます。


3. 自分自身に時間厳守を課す

たとえば60分とか90分の時間を設定し、その時間内に小さなプロジェクトを中断なしに実行します。 その間は、電話を取ったり、Eメールに返事を書くなど他のタスクに手を出さず、目の前の仕事にだけ集中します。 短い時間内に、どれだけ多くの仕事ができるか驚くことでしょう。


4. エネルギーを集中的に使う

プロジェクトを数日に分けて実施することは避けてください。できれば、ばらばらに実施するのではなく、一気に実行し完了してください。 そうすることでエネルギーを集中的に使い、時間を節約することができます。また、完成した仕事が首尾一貫したものとなります。


5. 早く出勤する

ほかの人たちよりも1時間早く出勤することで1日を活性化し、ほかの人たちが出社して通常の業務が始まるまで、誰にも邪魔されず仕事を進めることができます。 しかも、 朝の通勤ラッシュを避けることができます。


6. 生産性の高い時間帯の把握

1日の自分の作業パターンを観察し、自分にとって最も生産性の高い時間帯を把握します。そして、その時間帯を自分の「最適業務時間」とし、毎日、その時間帯に最も難しい仕事や、やりがいのある仕事に取り組みます。


7. 自動化とアウトソーシング

経営者やマネージャーは、自分ですべてをやることが必ずしも時間的または費用的に最も効率がよいわけではないということに注意してください。 メールの作成からマーケティング、給与処理までほとんどの仕事は自動化かアウトソーシングが可能です。自社に適した選択肢を調べてみてください。


8. 「ノー」と言うべき時を知る

実力以上の無理はしない。 多くの人が周囲の皆を常にハッピーにしたいと思っていますが、それはいつもできることではありません。緊急性がないのであれば、時間ぎりぎりの要求に応じないようにします。自分の限界を認識してください。


9. 優先順位を把握する

80/20ルールとは、80%の成果は20%の努力から生まれるというものです。 最も重要な仕事を識別し、そこに20%の力を向けることで、作業負荷を増やすことなく生産性を上げることができます。


10. 適度に手を抜く

たった2人しか読む人がいない社内用のレポートのために、詳細なカラーグラフを作ったり、余白スペースを完璧に埋めたりする必要があるでしょうか。 大半のルーティンワークは完璧に実行する必要がありません。自分の努力がその仕事の価値に見合ったものかどうかを確認してください。 これらの戦略を実行に移すことで、おそらくあなたは毎日早い時間に退社することができるようになるはずです。 よりハードにではなく、よりスマートに働いてください。


http://h30458.www3.hp.com/jp/ja/smb/753198.html





なかなか、こうは、うまく、いかない…
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/04/06(13:07)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。