agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14285件目 / 全25319件次へ »
ブログ

不動産株が続伸・踏み上げの様相も



三井不動産(8801)、三菱地所(8802)、住友不動産(8830)など不動産株が続伸、東証業種別値上がり率で不動産が4位。
ここ戻り歩調のなか、カラ売りが増加、売り方の踏み上げの様相も見せている。
先に、公示地価は全国平均全用途で3.5%の下落と国土交通省が発表したことで、あく抜け感が出てきたことや、官民挙げた「リート」支援策など政策面の後押しも引き続き材料視。
なお、先の公示価格発表を受けて、クレディ・スイス証券は不動産セクターを「Overweight」再強調としている。その要因について「公示価格は半年から1年程度前のデータであり、現状の不動産市況を映したものではない。クレディスイスでは、実勢の地価は既に底入れしたとみている。事例として、財団法人東日本不動産流通機構が発表している東京都の土地成約物件価格は、ほぼ横ばいで推移。マンション市況の回復。直近の不動産投資信託(REIT)の売買事例。これらの事例に共通することは、個人もしくは中小企業が不動産取得を積極的に行っていることだ。彼らが日本の不動産市場の流動性を作りつつある」としており、「自動車セクター(別項記事参照)など、悪材料がほぼ出尽くしてきたセクターが順番に買われ始めており、今後、この物色の裾野がさらに広がりを見せて行きそう」との声も出ていた。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ