agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14915件目 / 全25319件次へ »

海運株が高い・バルチック海運指数が続伸



日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)など海運株が高い。東証業種別値上がり率で海運は鉱業に続く2位となっている。
バルチック海運指数が続伸したことを材料に上げている。
なお、日興シティグループ証券は日本郵船に対して「コンテナ船と航空貨物の需給調整は2012年3月期においても完了していないと予想。長期契約の安定利益があるため、赤字による株主資本の低減は考えにくい」として投資判断を「1M」(=買い/中リスク)から「2M」(=中立/中リスク)に、目標株価を500円から400円に、商船三井に対しては「コンテナ船需給調整は12年3月期においても完了していないと予想。長期契約の安定利益があるため、赤字による株主資本の低減は考えにくい」として投資判断を「1M」(=買い/中リスク)から「2M」(=中立/中リスク)に、目標株価を660円から520円に、川崎汽船に対しては「コンテナ部門の依存度の高いので利益の下方修正リスクが大きい」として投資判断を「1M」(=買い/中リスク)から「3M」(=売り/中リスク)に、目標株価を420円から260円に、それぞれ引き下げている。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/05(10:29)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。