27.自己株式の取得と消却

ひとこと解説
詳しく解説
 自己株式の取得とは、企業が一度発行した株式を市場から買い戻すことをいいます。自己株式の取得や消却を行うことのメリットとして、株主側は流通する株式が減少することから需給が改善され株価の上昇につながります。一般的に企業の取得する自己株の取得比率が、発行株式総数の3%を超える株数を取得すると発表した場合、株価へのインパクトがあると言われています。企業によっては、10%を超える大型の自己株取得などを実施するケースもあり、需給が改善され株価は大きく上昇するケースもあります。

 また、会社側にとって、自己株式の取得・消却を実施ことは企業側にとってもメリットが大きいです。主な理由はこの自社株の取得により株価は上昇しますので、M&A対策にもつながります。買収側にとって株価が高いと取得額が膨らむので、株価の高い企業はそれだけ買収防衛も図っていると言えます。
 自己株取得は、株主側にとって株価の上昇になるメリットがあり、企業側にとっては株主対策を行っているアピールになるのと、M&A対策にもつながることから、多くの企業で注目を集めています。
関連キーワード
自己株式の取得・消却
株主対策
M&A
27.自己株式の取得と消却

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング