取引には手数料がかかることを知ろう

ひとこと解説
  • 株式取引には、手数料が発生する
  • 数料は、証券会社によって違う
詳しく解説
 株式の売買を行うときは、証券会社に支払う手数料が発生します。
 この取引手数料は、証券会社ごとに手数料が異なるのですが、その理由は
 ・営業マンが取引をサポートする大手証券
 ・昔ながらのコールセンターに電話をして取引を受付する証券会社
 ・インターネットを使ってご自身で取引するだけの、ネット証券会社
というように証券会社にも様々な種類があり、それぞれにかかる費用も違うので自然と手数料もかわってくるのです。

 証券会社は、上記のように顧客からの注文の受け付け方は違えど、売買を行うとき、上の図のように証券会社は「買い手」と「売り手」の双方から注文を受けていろいろな手続を行うため、その手数料をとっています。

 ネット証券と大手証券とで比較した場合、ネット証券の方が取引手数料は圧倒的に”おトク”なのです。その秘密は、大手証券の場合、顧客ごとに担当のアドバイザー(扱者)がつくのですが、ネット証券の場合はサポートセンターのみで基本的には顧客が自分で調査した銘柄を取引するため、大手証券に比べてかなりコストを抑えることができているからです。

 例として、ネット証券大手のSBI証券と、日本証券会社最大手の野村証券との間で手数料を比較すると100万円に相当分の株を購入した場合
 野村証券店頭価格 :1万1967円
 SBI証券    :525円
という風に、ネット証券の方が断然オトクになっています。
手数料を低く抑えたいという場合には、ネット証券が非常に人気です。
ネット証券会社にも様々な証券会社があるので、ぜひみんかぶ独自の証券会社比較ランキングから、あなたにあう証券会社を見つけてみてください。
ネット証券各社を徹底比較した「みんかぶ証券比較」はこちらから!
関連キーワード
手数料
株式投資
資産運用

株式投資をはじめる前に

株式投資をはじめる前にまず知っておいてほしいことをコラムにまとめました。
「そもそも株とは?」「株式投資って儲かるけどリスクがあるのでは?」等、初心者の知りたい話題を集めました。株式投資をイチから学ぶ方は、まずはこちらをお読みください。

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    初心者おすすめポイント
    • 人気NO1!利用者数も300万口座
    • NISA口座開設数断トツの50万口座を獲得
    • セミナーも充実しており、他社を圧倒する本数、20代女性を意識したセミナーが豊富
    • 株式初心者向けの投資基礎講座などのコンテンツも充実
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    初心者おすすめポイント
    • 三菱UFJグループだからこその安心感とサポート体制
    • 50歳以上を対象とした「シニア割引」や、女性を対象とした「女子割」が好評
    • 手数料無料の投資信託が200本以上、投資信託の安さはピカイチ
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    初心者おすすめポイント
    • 画面がシンプルで、高齢者や初心者でも使いやすい
    • 操作方法が分からなくても、毎月セミナーで株式の売買の仕方を徹底レクチャー
    • 1回単位の取引手数料で驚異的な安さ現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円