9067  東証1部

丸運

レポート銘柄
お気に入り

株価(01/24)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
367.0
-6.0(-1.61%)
買い

目標株価

374

あなたの予想

未投稿

丸運の株価情報TOP

丸運の株価参考指標

業種 陸運業
JXTG系。液体輸送、貨物物流に強み。特定荷主の比重大。環境事業強化。
  • 始値
    374.0円
  • 高値
    381.0円
  • 安値
    367.0円
  • 配当利回り
    2.18%
  • 単元株数
    100株
  • PER(調整後)
    8.24倍
  • PSR
    0.21倍
  • PBR
    0.47倍
  • 出来高
    77,400株
  • 時価総額
    10,630百万円
  • 発行済株数
    28,965千株
  • 株主優待
    ---
  • 購入金額
    最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
374 円
現在株価との差

+7.0 

理論株価

(01/24)

488 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • 買い予想

    買い予想 短期 目標株価505円

    予想株価
    504円
    現在株価との差 +137 (+37.32%) 
    登録時株価
    成り行き
    獲得ポイント
    (集計中)
    収益率
    集計中
  • ニュース

    【↑】日経平均 大引け| 急反発、中東リスクへの懸念後退で全面高 (1月9日)

    日経平均株価 始値  23530.29 高値  23767.09(14:50) 安値  23506.15(09:00) 大引け 23739.87(前日比 +535.11 、 +2.31% ) 売買高  11億4656万株 (東証1部概算) 売買代金  2兆1476億円 (東証1部概算) ----------------------------------------------------- ...続きを読む
  • ニュース

    【↓】日経平均 大引け| 大幅続落、中東の地政学リスクを嫌気し売り優勢 (1月6日)

    日経平均株価 始値  23319.76 高値  23365.36(09:00) 安値  23148.53(11:24) 大引け 23204.86(前日比 -451.76 、 -1.91% ) 売買高  12億1971万株 (東証1部概算) 売買代金  2兆2246億円 (東証1部概算) ----------------------------------------------------- ...続きを読む
  • ニュース

    【↓】日経平均 大引け| 続落、薄商いのなか利益確定売りで安値引け (12月30日)

    日経平均株価 始値  23770.93 高値  23782.49(09:00) 安値  23656.62(15:00) 大引け 23656.62(前日比 -181.10 、 -0.76% ) 売買高  7億9662万株 (東証1部概算) 売買代金 1兆4338億円 (東証1部概算) ------------------------------------------------------- ...続きを読む
  • ニュース

    週間ランキング【業種別 騰落率】 (12月27日)

     ●今週の業種別騰落率ランキング   ※12月27日終値の12月20日終値に対する騰落率    東証1部33業種    値上がり: 14 業種  値下がり: 19 業種    東証1部:2160銘柄  値上がり:1067 銘柄  値下がり:1035 銘柄  変わらず他: 58 銘柄   東証33業種   騰落率(%)  【株価】上昇率/下落率 上位3銘柄 1. 海運業(0272)     + ...続きを読む
  • ニュース

    丸運 Research Memo(7):2020年3月期の年間配当も8円を堅持

    ■丸運の株主還元2019年3月期は年8円の配当を実施、2020年3月期も同様に年8円配を見込んでいる。2019年3月期の配当性向は18.0%となった。2020年3月期も予定どおりなら、配当性向は21.0%となる。今後も、年8円配を堅持していく方針だ。■情報セキュリティーについて前述したように、同社は4つの基幹システムについて投資を行っており、新システムは2021年3月期中に稼働の予定。このシステム ...続きを読む
  • ニュース

    丸運 Research Memo(6):「丸運イノベーション」を進行(2)

    ■今後の課題・展望5. ドライバー不足ドライバー不足については、ヤマト運輸などのBtoC中心の業者に比べて、丸運のようなBtoB業者はより深刻な問題となっている。宅配便の配達には普通免許で対応可能だが、同社が得意とする重量物運送や石油輸送には大型免許が必須で、対象ドライバーの数が限定されるからだ。大型免許は取得に時間を要するため、ドライバーが一朝一夕に増えず、石油ローリー等のトレーラーの運転に必要 ...続きを読む
  • ニュース

    丸運 Research Memo(5):「丸運イノベーション」を進行(1)

    ■丸運の今後の課題・展望運送業界は、景気動向といった経済的な要因のほかに、ドライバー不足問題や働き方改革等への対応等対処すべき課題があるが、石油関連の輸送の取扱いも多いことから、石油業界の再編による影響を受けるのが特徴だ。そのため、同社はまず、社員のマインドを変えることに着手した。具体的には、「守りの丸運」と称しながら肝心の守備に綻びが生じていることから、それを是正するため、パラダイムシフト研修を ...続きを読む
  • ニュース

    丸運 Research Memo(4):国際貨物は2020年3月期下期以降回復へ

    ■業績動向1. 2020年3月期第2四半期累計の業績動向丸運の2020年3月期第2四半期累計(4月~9月)決算は、営業収益が前年同期比0.9%増の25,127百万円、営業利益は同18.9%減の380百万円、経常利益は同14.0%減の457百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同5.2%減の316百万円となった。セグメント別では、主力の貨物輸送、そして石油輸送が増収となったが、国際貨物、潤滑油・ ...続きを読む
  • ニュース

    丸運 Research Memo(3):石油輸送にも強みがある老舗の総合物流会社(2)

    ■会社の概要・沿革2. 事業の概要以下、セグメントからさらに詳細に分けた、個々の事業について紹介する。貨物輸送が営業収益全体の約半数を占めているが、丸運が展開する貨物輸送の分野は幅広く、輸送業務はもちろん、倉庫などの保管業務なども手掛ける。(1) トラック輸送自社配送網と提携先を駆使して1つの配送業者と契約するのに比べ、安価で安全、確実、迅速なサービスを提供している。「共同輸送(全国配送)」のほか ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

23,827.18

+31.74

TOPIX

1,730.44

-0.05

JASDAQ

175.20

-1.12

米ドル/円

109.25

-0.24

ユーロ/円

120.43

-0.59

WTI原油

54.19

-1.40

NY金

1,571.9

+6.50

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介