古河電気工業のニュース一覧

ニュース

<動意株・13日>(大引け)=古河電気、ジーンテクノ、総医研HDなど

<動意株・13日>(大引け)=古河電気、ジーンテクノ、総医研HDなど  古河電気工業<5801.T>=大幅反発。同社はこの日、光ファイバーのグローバル製造能力を19年度までに約2倍へ引き上げると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。同社の光ファイバー製造能力は16年度までに14年度比で約1.2倍へ増強し、2020中期経営計画では、これをさらに18年度までに約1.2倍増強する計画としていたが、スマートフォンやクラウドコンピューティング、動画配信、ソーシャルネットワークの普及など世界的なデータ通信量の増加に対応するため、北米および欧州における製造拠点を中心に製造能力を増強するという。なお、投資総額は約1億5000万ドルを予定している。

 ジーンテクノサイエンス<4584.T>=後場急伸。同社は前引け後に、新規メカニズムに基づく新生血管形成を阻害する画期的な新規抗体医薬品の候補抗体(開発コード「GND-004」)の創出に成功し、特許を出願したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。今回の新規抗体の創出は、信州大学大学院の新藤隆行教授の研究グループおよび理化学研究所の横山茂之上席研究員の研究グループとの共同研究の成果で、Gタンパク質共役型受容体シグナルを標的とし、血管増殖性ペプチドによる細胞内サイクリックAMP増加活性および新生血管形成を抑制する抗体を作製したというもの。

 総医研ホールディングス<2385.T>=急伸。岩井コスモ証券は12日、同社株の目標株価を350円から600円に引き上げた。投資判断は「B+」を継続した。健康補助食品事業を主力とし、抗疲労の健康食品「イミダペプチド」などの販売を行っている。17年6月期の連結業績は、売上高が前期比29%増の41億円、営業利益が同45%増の2億6400万円だった。健康補助食品や化粧品事業などが好調だった。18年6月期も高成長が見込まれ、営業利益は前期比51%増の4億円が予想されている。化粧品事業では、中国への直輸出に取り組んでいることも注目されている。

 日清紡ホールディングス<3105.T>=ストップ高。きょう午前9時ごろ、白金を使わない固体高分子形燃料電池用の触媒の実用化に世界で初めて成功したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。現在、固体高分子形燃料電池の電極触媒には、高価で有限な資源である白金が使用されているが、同社が開発した白金代替触媒「カーボンアロイ触媒」は、白金の代わりに炭素を使うことで材料コストを大幅に減らせるのが特徴。既にカナダの燃料電池大手バラード・パワー・システムズの燃料電池スタックに採用が決まっており、携帯型端末に使う電池として12月に販売を開始する予定としている。

 包装フィルムなどを手掛けるMICS化学<7899.T>=一時ストップ高。同社は12日取引終了後に、18年4月期第1四半期(5~7月)の連結決算を発表。営業利益は2700万円(前年同期は100万円)となり、上半期計画5300万円に対する進捗率は50.9%となった。売上高は6億200万円(前年同期比0.9%減)で着地した。水産分野向けの売り上げが減少した一方、医療や産業分野向けは底堅く推移。利益面では全社あげてのコストダウン活動が寄与した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

 タツタ電線<5809.T>=急伸。一気に800円台に買われ連日の新値追い。東京では2020年の五輪開催に向けてインフラ面から電線地中化が加速するとの見方が強い。「小池都知事の政策後押しもあり、同社など電線メーカーにとって追い風が意識される状況」(準大手証券ストラテジスト)と指摘されている。また、電線地中化だけではなく、同社は電磁波シールドを手掛け、EMP攻撃への防御的観点から防衛関連の一角として材料性を内包している。株式需給面では信用倍率が0.59倍と売り長であり、目先は踏み上げ相場の様相をみせている。「きょうは国内証券がレーティング最上位でフォローしていることなども人気を助長した」(同)という。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
配信元:minkabuPRESS

古河電気工業 あなたの予想は?

今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,396.80

+45.68

TOPIX

1,763.76

+2.04

JASDAQ

165.39

+1.82

米ドル/円

112.14

-0.91

ユーロ/円

132.15

-0.88

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック