4783  東証JASDAQ(スタンダード)

日本コンピュータ・ダイナミクス

レポート銘柄
お気に入り

株価(01/17)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
899.0
+54.0(+6.39%)
買い

目標株価

937

あなたの予想

未投稿

日本コンピュータ・ダイナミクスの株価情報TOP

日ダイナミクの株価参考指標

独立系のシステム開発会社。運用・保守サービスと駐輪場管理システムも柱。
  • 始値
    848.0円
  • 高値
    915.0円
  • 安値
    848.0円
  • 配当利回り
    1.56%
  • 単元株数
    100株
  • PER(調整後)
    11.60倍
  • PSR
    0.47倍
  • PBR
    2.07倍
  • 出来高
    70,100株
  • 時価総額
    7,911百万円
  • 発行済株数
    8,800千株
  • 株主優待
    クオカード
  • 購入金額
    最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
937 円
現在株価との差

+38.0 

理論株価

(01/17)

773 円
割高

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    <12月27日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>

    <12月27日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (2191) テラ       東証JASDAQ(スタンダード) [ 175.0 | +1.74% | 割高 ] (4097) 高圧ガス工業   東証1部       [ 895.0 | +1.59% | 割安 ] (4286) レッグス     東証1 ...続きを読む
  • 過去予想

    個人投資家の意見「買い」に賛成

    予想株価
    1,100円
    現在株価との差 +201 (+22.35%) 
    登録時株価
    860.0円
    獲得ポイント
    -13.55pt.
    収益率
    -4.65%
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(10):安定的配当を基本に適切な利益還元を実施

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの株主還元策1. 2020年3月期の配当予想は年間14円利益配分については、企業体質の強化と積極的な事業展開に備えて内部留保に努めるとともに、配当性向や配当利回りなどを総合的に判断し、安定的な配当を維持することを基本方針としている。配当性向の目標は設定せず、今後も経営基盤の一層の強化と積極的な事業展開を継続しつつ、適切な利益還元を実施する方針としている。この基本方針 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(9):企業のIT投資が高水準で推移、良好な市場環境続く

    ■中長期成長戦略3. IT関連事業、パーキングシステム事業とも市場環境は良好市場環境はIT関連事業(システム開発事業、サポート&サービス事業)、パーキングシステム事業とも良好である。企業のIT投資は高水準に推移する見込みだ。一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が2019年1月公表した「企業IT動向調査2019」(IT予算速報値)によると、2019年度のIT予算について全体 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(8):業務プロセス改善などで収益力・企業競争力の向上目指す

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの中長期成長戦略1. 基本コンセプト2017年5月に策定した中期経営計画「Vision2020」(2018年3月期−2020年3月期)では、基本コンセプトを「お客さまの「ありがとう」のために、価値あるサービスを」としている。また基本方針を「1)収益性の高い企業になる、2)NCDブランドを高めて世の中に認知される企業になる、3)社員が仕事に誇りとやりがいを持った活力あ ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(7):2020年3月期通期の連結業績は増収・営業微減益予想を据え置き

    ■今後の見通し1. 2020年3月期通期の連結業績予想は期初計画を据え置き日本コンピュータ・ダイナミクスの2020年3月期通期の連結業績予想は期初計画を据え置いて、売上高が2019年3月期比5.8%増の18,000百万円、営業利益が4.3%減の1,000百万円、経常利益が8.2%減の1,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が10.5%増の680百万円としている。システム開発事業、サポート& ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(6):2020年3月期第2四半期累計の連結業績は増収・減益

    ■業績動向1. 2020年3月期第2四半期累計連結業績概要日本コンピュータ・ダイナミクスの2020年3月期第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比6.9%増の8,752百万円、営業利益が41.3%減の325百万円、経常利益が40.9%減の343百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が41.3%減の230百万円だった。売上面ではシステム開発事業とパーキングシステム事業が順調に伸長して増収だが ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(5):管理徹底で不採算化防止、四半期業績も平準化傾向

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの事業概要5. 収益特性及び収益変動リスク・季節変動要因主要な収益特性及び収益変動リスク要因として、IT関連事業(システム開発事業、サポート&サービス事業)は大型案件などの受注や個別案件ごとの採算性によって、売上や利益が変動する可能性がある。パーキングシステム事業は入札結果や大型案件などによって売上や利益が変動する可能性がある。一方で、システム開発事業はシス ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(4):システム開発・サポート&サービス・パーキングシステムの3事業が柱(2)

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの事業概要4. パーキングシステム事業パーキングシステム事業は、電磁ロック式の無人駐輪場の管理・運営を主力として、駐輪場に関する総合コンサルティング、駐輪場管理・運営システム及び機器の販売も行っている。ITを活用することで駐輪場の管理・運営業務を省力化・効率化するだけでなく、全国の街から放置自転車等の駐輪問題をなくし、交通混雑緩和対策、土地有効活用、地域・街づくり、 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(3):システム開発・サポート&サービス・パーキングシステムの3事業が柱(1)

    ■事業概要日本コンピュータ・ダイナミクスはトータル・ソリューション・プロバイダーとして、IT関連のシステム開発事業(システム・インテグレーション)とサポート&サービス事業(サービス・インテグレーション)、及びITソリューションのノウハウを活用して参入した無人駐輪場関連のパーキングシステム事業(パーキング・ソリューション)を展開し、経営の3本柱としている。最新の情報技術と豊富なアプリケーショ ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

日本コンピュータ・ダイナミクス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

24,041.26

+108.12

TOPIX

1,735.44

+6.72

JASDAQ

175.82

+0.28

米ドル/円

110.15

+0.01

ユーロ/円

122.19

-0.46

WTI原油

58.52

+0.71

NY金

1,550.5

-3.50

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介