4574  東証1部

大幸薬品

レポート銘柄
お気に入り

株価(01/17)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
3,490.0
-55.0(-1.55%)
売り

目標株価

2,310

あなたの予想

未投稿

大幸薬品のニュース

大幸薬品のニュース一覧

大幸薬品---2Qは営業利益が52.3%増、医薬品事業及び感染管理事業ともに増収

配信元:フィスコ
投稿:2019/11/11 15:38
大幸薬品<4574>は8日、2020年3月期第2四半期(19年4-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.6%増の43.85億円、営業利益が同52.3%増の9.80億円、経常利益が同46.2%増の8.82億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同43.2%増の6.41億円となった。

医薬品事業の売上高は前年同期比8.2%増の27.05億円、セグメント利益は同2.1%増の10.34億円となった。国内向けの売上高は、「セイロガン糖衣A」を中心に堅調に推移したこと等により、対前年同期比で増加となった。また、パッケージリニューアルした「ピシャット下痢止めOD錠」の発売も売上高増加に貢献している。海外向けの売上高は、香港市場向けを中心に、前年同期を上回って推移した。

感染管理事業の売上高は同27.3%増の16.75億円、セグメント利益は同176.0%増の4.34億円となった。国内一般用製品の売上高は、前期より開始したマーケティング戦略によるブランド力アップを背景として、「クレベリン 置き型」を中心に堅調に推移し、また、新ブランド「クレベ&アンド」の製品を発売したことにより、対前年同期比で増加となった。
国内業務用製品の売上高は、オフィス向けの需要が好調に推移したこと等により、対前年同期比で増加となった。
海外向けの売上高は、台湾市場向けを中心に堅調に推移し、対前年同期比で増加となった。

2020年3月期通期の連結業績については、売上高は前期比8.1%増の112.60億円、営業利益が同8.4%増の22.00億円、経常利益は同3.4%増の19.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.3%増の14.20億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>
配信元: フィスコ
  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

24,041.26

+108.12

TOPIX

1,735.44

+6.72

JASDAQ

175.82

+0.28

米ドル/円

110.13

-0.01

ユーロ/円

122.12

-0.53

WTI原油

58.54

+0.02

NY金

1,560.3

+9.80

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介