ゲンキーのニュース一覧

ニュース

【↑】日経平均 大引け| 3日続伸、米株高と円安で主力株中心に買い優勢 (9月13日)


日経平均株価
始値  19873.69
高値  19888.84(13:28)
安値  19845.02(09:45)
大引け 19865.82(前日比 +89.20 、 +0.45% )

売買高  16億0511万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆0498億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日続伸、米株最高値と円安を好感
 2.証券、銀行など金融関連株が上昇し全体相場を支える
 3.利益確定の動きで上値重いも、売り急ぐ動きも限定的
 4.個別物色意欲旺盛で日清紡などストップ高銘柄相次ぐ
 5.売買代金は減少傾向も活況の目安の2兆円台はキープ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは61ドル高と3日続伸し終値ベースで史上最高値を約1ヵ月ぶりに更新した。北朝鮮リスクやハリケーン被害への警戒感が後退し、買いが優勢となった。

 東京市場では朝方から広範囲に買い優勢の展開となり、日経平均株価は終始1万9800円台で売り物を吸収して頑強な展開をみせた。

 13日の東京市場は、上値を買い進む動きが継続した。前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数とも過去最高値を更新、為替も1ドル=110円台のドル高・円安が進行と外部環境はリスク選好ムードを後押ししている。円安で輸出採算改善が見込める自動車などの輸出セクターに買いが先行したほか、証券、銀行など金融関連株が高く全体相場を支えた。日経平均は前日までの2日間で500円強の上昇をみせていただけに、利益確定の動きも出て上値は重かったが、売り急ぐ動きはみられず高値圏の狭いレンジで売り物をこなした。東証1部の売買代金は減少傾向ながら、活況の目安とされる2兆円台をかろうじてキープした。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが堅調、パナソニック<6752>が物色人気を集め、日本電産<6594>も値を飛ばした。リクルートホールディングス<6098>、信越化学工業<4063>も高い。日清紡ホールディングス<3105>、日本無線<6751>、カーリットホールディングス<4275>がストップ高に買われ、チタン工業<4098>も大商いで値を飛ばしている。
 半面、ソニー<6758>、村田製作所<6981>が冴えず、九州電力<9508>、日本冶金工業<5480>、東邦亜鉛<5707>などが売られた。ザッパラス<3770>が急落したほか、ゲンキー<2772>、神戸物産<3038>が大幅安、安永<7271>も利食われた。ペッパーフードサービス<3053>が値を下げ、コカ・コーラボトラーズジャパン<2579>なども下落した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄は信越化 <4063> 、日清紡HD <3105> 、ダイキン <6367> 、ヤマハ <7951> 、京セラ <6971> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約43円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、TDK <6762> 、ファナック <6954> 、日東電 <6988> 、アステラス <4503> 。押し下げ効果は約25円。うち15円はファストリ1銘柄によるもの。

 東証33業種のうち上昇は26業種。上昇率の上位5業種は(1)証券商品先物、(2)不動産業、(3)銀行業、(4)機械、(5)電気機器。一方、下落率の上位5業種は(1)空運業、(2)パルプ・紙、(3)その他金融業、(4)精密機器、(5)水産・農林業。

■個別材料株

△ソフトフロン <2321> [JQG]
 光通信と電力関連の合弁会社を設立。
△ディップ<2379>
 ジェフリーズ証券が買い推奨。
△日清紡HD <3105>
 白金使わない燃料電池用触媒の実用化に成功。
△ハピネス&D <3174> [JQ]
 前期経常を4.2倍増益に27%上方修正。
△バルニバービ <3418> [東証M]
 今期経常は16%増で4期連続最高益更新。
△東海カ <5301>
 大和証券が投資判断を「2」に引き上げ。
△東洋電 <6505>
 中国で鉄道車両用電機品の合弁会社設立。
△フタバ <7241>
 東海東京証券が目標株価を1340円に引き上げ。
△MICS化学 <7899> [JQ]
 第1四半期営業益は2700万円で着地。
△三谷商 <8066> [東証2]
 0.59%を上限に自社株買いを実施。

▼はてな <3930> [東証M]
 18年7月期営業利益は36.8%減予想。
▼神島化 <4026> [東証2]
 第1四半期営業利益が9%減益で着地。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)日清紡HD <3105> 、(2)東洋糖 <2107> 、(3)日無線 <6751> 、(4)モリテック <5986> 、(5)クレオス <8101> 、(6)カーリットH <4275> 、(7)化工機 <6331> 、(8)チタン <4098> 、(9)フタバ <7241> 、(10)エフオン <9514>
 値下がり率上位10傑は(1)ザッパラス <3770> 、(2)ゲンキー <2772> 、(3)神戸物産 <3038> 、(4)サニックス <4651> 、(5)安永 <7271> 、(6)ヤマシン―F <6240> 、(7)九州電 <9508> 、(8)高島 <8007> 、(9)ヤーマン <6630> 、(10)中央倉 <9319>

【大引け】

 日経平均は前日比89.20円(0.45%)高の1万9865.82円。TOPIXは前日比9.88(0.61%)高の1637.33。出来高は概算で16億0511万株。値上がり銘柄数は1314、値下がり銘柄数は594となった。日経ジャスダック平均は3477.77円(17.73円高)。

[2017年9月13日]

株探ニュース
配信元:株探
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,261.76

-135.04

TOPIX

1,759.65

-4.10

JASDAQ

167.10

+1.71

米ドル/円

112.22

-0.83

ユーロ/円

132.13

-0.90

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック