株テーマ【植物工場】

【植物工場】とは

植物工場

平均株価変動率-2.12%
植物工場は、施設内で植物の生育に必要な光や温度、湿度、水分などの環境を人工的に制御して植物を栽培する施設園芸のうち、高度な環境制御と生育予測を行うことで、年間を通して計画生産が可能な栽培施設のことを指す。  植物工場の最大のメリットは、天候や季節の影響をほとんど受けることなく、安定的かつ計画的に植物を生産できること。また、施肥条件や照明などを制御することで播種(種まき)から収穫までの期間を短縮化で 植物工場は、施設内で植物の生育に必要な光や温度、湿度、水分などの環境を人工的に制御して植物を栽培する施設園芸のうち、高度な環境制御と生育予測を行うことで、年間を通して計画生産が可能な栽培施設のことを指す。  植物工場の最大のメリットは、天候や季節の影響をほとんど受けることなく、安定的かつ計画的に植物を生産できること。また、施肥条件や照明などを制御することで播種(種まき)から収穫までの期間を短縮化できるため、レタスならば年間15~20回の収穫が可能となり、土地面積当たりの年間生産性は露地栽培の100倍以上にも上る。更に、閉鎖空間で栽培することができるため、無農薬栽培で安全な植物が生産可能であることもメリットである。
もっと見る
...さらに表示

【植物工場】関連銘柄一覧

1~15件 / 全46件

« 前へ 1 3 4
コード銘柄名称株価前日比関連度
2809 キユーピー 2,434.0 (15:00) -129.0 (-5.03%)
6859 エスペック 2,126.0 (15:00) -38.0 (-1.75%)
2811 カゴメ 2,913.0 (15:00) -72.0 (-2.41%)
1979 大氣社 3,355.0 (15:00) -45.0 (-1.32%)
6923 スタンレー電気 3,130.0 (15:00) -125.0 (-3.84%)
1801 大成建設 3,510.0 (15:00) -40.0 (-1.12%)
1378 雪国まいたけ 244.0 (06/15) --- (---%)
1379 ホクト 1,905.0 (15:00) -7.0 (-0.36%)
1802 大林組 876.0 (15:00) -24.0 (-2.66%)
1812 鹿島 1,401.0 (15:00) -31.0 (-2.16%)
1925 大和ハウス工業 3,136.0 (15:00) -69.0 (-2.15%)
1965 テクノ菱和 900.0 (15:00) -3.0 (-0.33%)
1975 朝日工業社 2,862.0 (15:00) -97.0 (-3.27%)
2004 昭和産業 2,939.0 (15:00) -41.0 (-1.37%)
2705 大戸屋HD 2,760.0 (15:00) -29.0 (-1.03%)
« 前へ 1 3 4