◎〔金利・債券市況〕先物、小安い=現物は超長期がしっかり(30日)

配信元:時事通信社
投稿:2022/11/30 15:21
 債券先物は小安い。長期国債先物の中心限月2022年12月物は前日比06銭安の148円72銭で取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債368回債利回りは変わらずの0.250%となっている。
 先物は、夜間取引が堅調だった流れを引き継ぎ、買い先行で始まった。ただ、その後は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長講演を控えて様子見気分が広がる中、売りに押される展開となった。午後も上値が重く、マイナス圏でのもみ合い推移となった。
 あす10年債入札が実施される。市場では「日銀が0.25%を超える金利上昇を容認しておらず、現状水準であればあまり心配しなくてもいいのではないか」(国内証券)との声が出ている。
 現物債は超長期ゾーンを中心にしっかり。流通利回りは、5年債が変わらずの0.110%、20年債が0.005%低下の1.125%、30年債が0.005%低下の1.515%、40年債が変わらずの1.760%となっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介