↑【買い】今仙電機製作所(7266)マツダとの協業体制を引き続き好感か【アナリスト藤井勝行】

投稿:2022/11/24 08:46

マツダとの協業体制を引き続き好感か

【企業紹介】
独立系自動車部品メーカー。自動車部品およびその他の輸送用機械器具部品の製造販売、
産業用機械部品の製造販売等を手掛ける。シートの機構部品や電装品が主力でホンダ向けが中心。

【注目ニュース】
・11月7日に決算を発表。23年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比87.5%減の7300万円に大きく落ち込んだが、従来の7億円の赤字予想から一転黒字での着地となった。同時に、通期の同利益を従来予想の3億3000万円から6億2000万円(前期は6億1600万円)に87.9%上方修正し、一転して0.6%増益見通しとなった。
・11月22日に、同社はマツダとの電動駆動ユニットの開発・生産に関する取り組みを強化すると発表。今仙電機製作所では、拡大が進む自動車の電動化に向けて、独自の電動車向け電源システムや、インバータの電力変換効率と発生する電磁ノイズに示される背反事象を解消する固有の新技術開発を推進しているが、独自の電動化戦略を推進するマツダとの協業体制をとることで、その製品化を確実にする方針にあるとしている。この実現を図るため、折半出資で合弁会社Mazda Imasen Electric Driveを設立し、電動車への搭載を想定したインバータなどの電動駆動ユニットの関連製品開発と生産技術の開発に取り組むとのこと。

【チャート分析】
日足のチャートでは、11/22に上記材料を好感した買いが先行しストップ高を演じた。目先は2020年の高値近辺の900円ところを目指す動きとなろう。

(その他の注目銘柄を【無料公開中】!下記の著者のおすすめ記事よりご覧ください。)

まんもす藤井。
あすなろ投資顧問シニアマーケットアナリスト
配信元: 達人の予想
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介