来週の株式相場に向けて=年末視野の中小型株相場は来るか

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/11/18 17:39
来週の株式相場に向けて=年末視野の中小型株相場は来るか  18日の東京市場は、日経平均株価が前日比30円安の2万7899円と小幅続落。一時、2万8000円台を回復したが買いは続かず、後場にかけ値を消した。

 「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイルを発射したこともきっかけとなり、先物に売りが出たことも影響したようだ」(市場関係者)という。北朝鮮のミサイルが相場に与える影響は通常は限定的だが、今回は発射の高度も高く、手掛かり材料難のなかやや意識される動きとなった様子だ。

 米国の消費者物価指数(CPI)や日本の決算発表といったイベントも一巡。日経平均株価は2万8000円前後と高値圏にあるが、一段の上昇には新たな材料待ちの状況だ。来週は23日が日本の「勤労感謝の日」、24日が米国の「感謝祭」でともに休場となることから、様子見姿勢が続く可能性がある。そんななか、25日は年末商戦の幕開けとされる米国のブラックフライデーを迎える。同商戦が活況なら、消費関連株が見直されることも予想される。

 日本に目を向ければ、中小型株市場の動向を示す東証マザーズ指数が上昇基調にある。東京市場は、例年12月はIPOラッシュを迎えることもあり、年末年始に向けて中小型株が活況場面になるというアノマリー(経験則)がある。直近IPOのマイクロ波化学<9227.T>pluszero<5132.T>ソシオネクスト<6526.T>といった銘柄が人気化するなど、IPOを含めた中小型株を見直す動きは出ている。また、丸紅<8002.T>三井物産<8031.T>など商社株や自動車の三菱自動車工業<7211.T>マツキヨココカラ&カンパニー<3088.T>などの好業績株が注目される。

 来週は米国では23日の11月1~2日開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が関心を集めそうだ。また、同日には米10月新築住宅販売件数も公表される。国内では24日に10月全国百貨店売上高が公表される。22日にティムス<4891.T>、25日にtripla<5136.T>がともに東証グロース市場に新規上場する。来週の日経平均株価の予想レンジは2万7600~2万8200円前後。(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
27,901.01
(12/09)
+326.57
(+1.18%)
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介