クレディSの証券化商品事業、買い手候補にピムコやセンターブリッジ

著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/10/08 03:35
 経営再建を打ち出しているクレディ・スイスが売却を目指す証券化商品事業に対し、買い手候補としてセンターブリッジ・パートナーズを含む投資家グループや、ピムコが浮上している。ブルームバーグが関係者の話として伝えた。

 センターブリッジは再保険会社マルテッロ・リーの共同資産運用者の立場で買収に関心を示しているという。ピムコが単独なのか、投資家集団の一員として買収を目指しているのかは明らかでない。

 クレディ・スイスの戦略計画発表まで3週間を切る中で、証券化商品事業を巡る協議は比較的進んだ段階にあるという。同事業は過去に高い利益を上げてきた実績があるが、大規模な資本が必要なリスクもある。同行はこの売却を投資銀行事業縮小の中核に位置付けており、売却資金は他の再編費用の一部に充てる考えだと伝えている。

このニュースはみんかぶ(FX/為替)から転載しています。

配信元: みんかぶ(FX/為替)
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介