◎〔NY金〕反落、1655.60ドル=約2年半ぶり安値(23日)

配信元:時事通信社
投稿:2022/09/24 03:37
 【ニューヨーク時事】週末23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、主要通貨に対するドル高に加え、米長期金利が一時上昇したことを背景に反落した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比25.50ドル(1.52%)安の1オンス=1655.60ドルと、中心限月の清算値としては、2020年4月以来、約2年半ぶりの安値水準。週間ベースでは27.90ドル(1.66%)安。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は20〜21日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、75ベーシスポイント(bp)の追加利上げを決定。積極的な利上げペースの継続も示唆され、金利先高観から金利を生まない資産である金の売りが出やすい状況にある。対ユーロでのドル上昇もドル建て資産である金の下押し材料となった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介