東京株式(大引け)=2円安、スピード警戒感から買いの勢い止まる

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/08/16 15:51
東京株式(大引け)=2円安、スピード警戒感から買いの勢い止まる  16日の東京株式市場は売り買い交錯のなか、日経平均が方向感なくもみ合い、結局前日終値を小幅に下回る水準で着地した。

 大引けの日経平均株価は前営業日比2円87銭安の2万8868円91銭とわずかに反落。プライム市場の売買高概算は9億6965万株、売買代金概算は2兆4062億円。値上がり銘柄数は790、対して値下がり銘柄数は953、変わらずは95銘柄だった。

 きょうの東京市場は、朝方は売り優勢で始まったが下値も固く、その後はプラス圏に切り返す強さをみせた。ただ、日経平均は前日までの2営業日で1000円以上の上昇をみせていたこともあり、スピード警戒感から買いが手控えられた。前日の米国株市場ではFRBの金融引き締めピッチが緩むとの思惑が全体相場を押し上げ、NYダウなど主要株価指数が揃って上昇した。これを受けて東京市場もリスク選好の流れが期待されたが、全般は買い戻しが一巡したことで上値が重くなった。エネルギー関連株や海運株、非鉄株などに利益確定売りが目立つ一方、サービス、不動産、小売りなど内需株の一角に買いが入った。日経平均の下げはわずかだが、値上がり銘柄数を値下がり銘柄が160銘柄ほど上回った。売買代金は2兆4000億円台で前日を下回っている。

 個別では、売買代金首位となったソフトバンクグループ<9984.T>が軟調、レーザーテック<6920.T>も売りに押された。日本郵船<9101.T>商船三井<9104.T>が値を下げ、キーエンス<6861.T>も冴えない。SMC<6273.T>も安い。ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615.T>テスホールディングス<5074.T>が急落、ペッパーフードサービス<3053.T>も大きく値を下げた。キャリアリンク<6070.T>の下げも目立った。

 半面、ダブル・スコープ<6619.T>が大商いで値を飛ばしたほか、レノバ<9519.T>エムスリー<2413.T>なども買い人気を集めた。ファーストリテイリング<9983.T>が堅調、メルカリ<4385.T>も買いが優勢だった。アイスタイル<3660.T>が急騰、レアジョブ<6096.T>はストップ高に買われたほか、リブセンス<6054.T>も大幅続伸。日機装<6376.T>も物色人気を集めた。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
26,422.05
(15:15)
+248.07
(+0.94%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介