米雇用統計後に利回り上昇=NY債券概況

著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/08/06 06:34
 注目された米雇用統計がかなり強く出たことで債券利回りが大きく上昇した。ベンチマークとなる米10年債利回りは、米雇用統計発表前まで2.70%を超えるとすぐに下がるという流れが続いた。発表後は2.8%前後まですぐに上昇。目立ったもの死もなく、NY午後には2.867%まで上昇した。その後は少し調整が入ったが、引けは2.826%とかなり高い水準。
 
 今回の雇用統計を受けて大幅利上げのハードルが下がったとの思惑が広がっている。次回9月のFOMCでの利上げ見通しは雇用統計前まで66%が0.50%減り上げ幅縮小を見込んでいたが、発表後は70%が0.75%を見込むという状況に。短期金利の影響を受けやすい2年債利回りはより大きく上昇しており、逆イールドが大きくなっている。

 米国債利回り(NY時間17:24)
2年債   3.226(+0.183)
10年債  2.827(+0.139)
30年債  3.066(+0.101)
期待インフレ率  2.475(+0.018)
※期待インフレ率は10年債で算出

このニュースはみんかぶ(FX/為替)から転載しています。

配信元: みんかぶ(FX/為替)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介