東京株式(大引け)=678円高と急反発、ハイテク株などに買い戻し膨らむ

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/05/13 15:42
東京株式(大引け)=678円高と急反発、ハイテク株などに買い戻し膨らむ	 13日の東京株式市場で日経平均株価は急反発。ハイテク株などに買い戻しが膨らみ、一時700円を超す上昇に買われる場面があった。

 大引けの日経平均株価は前日比678円93銭高の2万6427円65銭。プライム市場の売買高概算は16億4818万株。売買代金概算は3兆5923億円となった。値上がり銘柄数は1557と全体の約85%、値下がり銘柄数は259、変わらずは21銘柄だった。

 前日の米株式市場では、NYダウは6日続落したが、ナスダック指数は小反発した。これを受けた東京市場では、日経平均株価は寄り付きは170円高でスタートし、その後、上昇幅を拡大させ2万6400円台まで値を上げた。前日に464円安と急落したことから、リバウンド狙いの買いも流入した。前日大幅赤字となる決算を発表したソフトバンクグループ<9984.T>は悪材料出尽くし期待から急伸したほか、半導体関連株などハイテク株に対する買いが膨らんだ。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920.T>や東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>が高く、ソニーグループ<6758.T>やオリンパス<7733.T>が値を上げた。川崎汽船<9107.T>や日本郵船<9101.T>といった海運株が高く、トヨタ自動車<7203.T>やリクルートホールディングス<6098.T>が値を上げた。メルカリ<4385.T>やレノバ<9519.T>、楽天グループ<4755.T>が急伸した。

 半面、NTTデータ<9613.T>や三井物産<8031.T>、ダイキン工業<6367.T>が値を下げ、セコム<9735.T>やりそなホールディングス<8308.T>が売られた。カシオ計算機<6952.T>やKADOKAWA<9468.T>が急落。MSCIからの除外が嫌気されメディパルホールディングス<7459.T>やコスモス薬品<3349.T>が売りに押された。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
26,781.68
(05/27)
+176.84
(+0.66%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介