東京株式(大引け)=462円安、後場リスク回避の売りがかさみ大幅安

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/11/30 15:52
東京株式(大引け)=462円安、後場リスク回避の売りがかさみ大幅安  30日の東京株式市場は引き続き波乱展開となり、日経平均は前場こそ高かったものの後場後半に崩れ、大幅安でほぼ安値引けとなった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比462円16銭安の2万7821円76銭と大幅に3日続落。東証1部の売買高概算は25億4576万株、売買代金概算は5兆4893億円。値上がり銘柄数は572、対して値下がり銘柄数は1533、変わらずは79銘柄だった。

 きょうの東京市場は朝方は日経平均が高く始まった。前日までの2営業日で1200円あまりも下げていた反動から自律反発狙いの買いが入り一時は400円以上の上昇をみせる場面があった。しかし、その後は戻り売りを浴び上値の重さが意識され、後場寄りに大口の売りが出て上げ幅を縮小した。更に午後2時ごろを境に先物主導で一気に水準を切り下げマイナス圏に。新型コロナウイルスの新たな変異株であるオミクロン株に対する警戒感が根強いなか、アジア株安や米株価指数先物安を横目に下げが加速した。米製薬大手モデルナのCEOの発言を嫌気してリスク回避の売り圧力が一気に強まった。業種別では33業種中、30業種が下落。売買代金は5兆5000億円近くまで膨らんだ。

 個別では、売買代金トップのレーザーテック<6920.T>と同2位となった東京エレクトロン<8035.T>がいずれも後場値を崩しマイナス圏に沈んだほか、ソフトバンクグループ<9984.T>も軟調。任天堂<7974.T>が安く、ファーストリテイリング<9983.T>も大幅に下落。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクが安く、富士通<6702.T>も売られた。リンクアンドモチベーション<2170.T>が急落、ギフティ<4449.T>、新日本科学<2395.T>も大きく値を下げた。

 半面、ソニーグループ<6758.T>がしっかり、マネックスグループ<8698.T>が商いを伴い値上がり率トップに買われた。戸田工業<4100.T>が値を飛ばし、日本電子材料<6855.T>も活況高。恵和<4251.T>が急騰、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>、トレックス・セミコンダクター<6616.T>なども上値を追った。日本取引所グループ<8697.T>も上昇した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
26,781.68
(05/27)
+176.84
(+0.66%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介