◎〔東京外為〕ドル、114円台後半=リスク回避で下落(26日正午)

配信元:時事通信社
投稿:2021/11/26 12:03
 26日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、投資家のリスク回避姿勢の強まりを背景に、1ドル=114円台後半に下落した。正午現在は、114円68〜69銭と前日(午後5時、115円37〜38銭)比69銭のドル安・円高。
 前日の海外市場は、米国が感謝祭で休場だったためで値動きに乏しく、115円20〜30銭台の狭いレンジで推移した。この日の東京時間は、朝方にアフリカ南部で広がる新たなコロナ変異株に対する懸念から、リスクオフに伴うドル売り・円買いが進んだ。日経平均株価が一時700円超の安値を付けたことも、ドル売り・円買いに拍車を掛けた。
 市場では「月末のスポット応答日でもあり、動きが出やすい」(国内証券)との声が聞かれた。この後の値動きについて、市場関係者は「米国のブラックフライデーで相場は静かとなる。ドル高が速いスピードで進んだ反動で、どちらかといえば下がりやすい」(同)と予想していた。
 ユーロは朝方に比べ対円で下落、対ドルでは上伸。正午現在は、1ユーロ=128円72〜72銭(前日午後5時、129円40〜41銭)、対ドルでは1.1223〜1224ドル(同1.1215〜1215ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介