トヨタ、日産自など自動車株が底堅さ発揮、円安メリットと電動車戦略に海外マネーが着目◇

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/11/26 09:12
トヨタ、日産自など自動車株が底堅さ発揮、円安メリットと電動車戦略に海外マネーが着目◇  トヨタ自動車<7203.T>、日産自動車<7201.T>など自動車株は全体軟調地合いに抗し底堅さを発揮している。外国為替市場では足もとやや円高方向に押し戻されているものの、1ドル=115円台前半での推移で、輸出比率の高い企業群は想定為替レートとのカイ離で差益が見込める状況にある。ドル・円は9月下旬の時点で1ドル=110円台を割り込んで推移していたが、短期間で5円以上の円安に振れていることで、為替感応度の高い自動車株には投資資金の流入が顕著となっている。また、世界的に電気自動車(EV)シフトが進むなか、大手自動車メーカーの電動車戦略にも海外投資家の視線が向いており、直近では日本経済新聞が「日産自動車は2030年度までに世界で電気自動車(EV)とハイブリッド車(HV)を合わせた電動車の販売比率を5割に引き上げる」と報じていることで、これも追い風材料となっているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
564.5
(12/03)
+22.0
(+4.06%)
2,079.0
(12/03)
+33.5
(+1.64%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介