◎〔NY金〕反落、1794.80ドル(15日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/09/16 04:19
 【ニューヨーク時事】15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、堅調な米経済指標を受けて安全資産としての金が売られ、反落した。中心限月12月物の清算値(終値に相当)は前日比12.30ドル(0.69%)安の1オンス=1794.80ドル。
 朝方発表されたニューヨーク州製造業景況指数が市場予想を大幅に上回ったことで、米国が早期に量的緩和縮小に踏み切るのではないか、との観測が売り圧力となった。1800ドルの心理的な節目を保てなかったことを嫌気した売りが出たとの見方もあった。ただ、外国為替市場では、対ユーロでドル安が優勢。ドル建てで取引される商品の割安感につながり、金の下値は限定的だった。
 一方、前日に発表された米消費者信頼感指数(CPI)が市場予想よりも弱い内容だったこともあり、市場では強弱感が交錯。来週開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の行方を見極めたいとの思惑もあり、終盤にかけてはこの日の安値圏でもみ合う展開となった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.5 20.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介