◎〔東京外為〕ドル、109円台半ば=手掛かり難で小動き(15日午後3時)

配信元:時事通信社
投稿:2021/09/15 15:03
 15日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、新規の手掛かり材料が乏しく、1ドル=109円台半ばを中心に小動きとなっている。午後3時現在は、109円58〜58銭と前日(午後5時、110円00〜00銭)比42銭のドル安・円高。
 8月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比5.3%上昇となり、前月(5.4%上昇)と比べて伸び率が鈍化したことなどを受け、前日の米国市場では米連邦準備制度理事会(FRB)の早期テーパリング(量的緩和縮小)観測が後退して長期金利が低下、これにつれてドル円は一時109円50銭付近まで水準を切り下げる展開になった。その後は買い戻しも散見され、東京時間は109円70銭台で始まったが、軟調な日経平均株価を背景としてリスク回避の円買いの勢いが強まり、仲値にかけて109円50銭付近まで軟化。午後は材料が不足する中で、109円50銭台を中心とした小幅なレンジ内でのもみ合いが継続している。
 市場では「米国では雇用に弱さが見られる中、物価も鈍化傾向を示してきたことで、FRBのテーパリング決定を見定めにくくなってきた」(FX会社)との見方が出ている。米国株や日経平均の下落も相まって「雰囲気はよくない」(国内証券)という。ただ、米CPIは鈍化したとはいえ依然として高水準を維持していることから、「年内テーパリング開始の方向性は崩れていない」(前出のFX会社)との指摘もある。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中、今夜の9月の米ニューヨーク州製造業景況指数など一連の米経済統計の結果を見極めながら、方向感を探る展開が続きそうだ。
 ユーロは対円で動意薄、対ドルは横ばい。午後3時現在は、1ユーロ=129円37〜37銭(前日午後5時、130円07〜08銭)、対ドルでは1.1805〜1805ドル(同1.1824〜1828ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

46.2 53.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介