◎〔金利・債券市況〕先物、小じっかり=10年債は出合い見えず(15日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2021/09/15 11:13
 債券先物は小じっかり。長期国債先物の中心限月2021年12月物は前日比06銭高の151円80銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債363回債は出合いが見えない。
 前日の米債券市場では、消費者物価指数のコア指数の伸び鈍化を受け、長期金利は低下した。東京市場でも、先物は海外の流れを引き継ぎ、買い先行で始まった。ただ、上値を積極的に買い進む勢いに乏しく、その後は小幅プラス圏でのもみ合い推移となった。
 現物市場では、13日に新発10年債の国債が不成立となり、この日も午前まで出合いが見えない。市場では「目先は取引が低迷する地合いが続くのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。
 現物利回りは、5年債がマイナス0.105%、20年債が0.420%、30年債が0.645%といずれも変わらず。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.8 20.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介