今日の為替市場ポイント:米長期金利の低下や株安を意識して円売り抑制も

配信元:フィスコ
投稿:2021/09/15 08:25
14日のドル・円は、東京市場では110円11銭から109円95銭まで反落。欧米市場では、110円16銭まで買われた後、109円53銭まで反落し、109円67銭で取引終了。本日15日のドル・円は主に109円台で推移か。米長期金利の低下や株安を意識して、リスク選好的な円売りは抑制される可能性がある。

9月14日発表された8月米消費者物価コア指数は、前月比+0.1%、前年比では+4.0%となり、伸び率はいずれも市場予想を下回った。インフレ加速の懸念は和らぎ、米連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和の縮小を急がないとの見方が浮上した。9月以降、コアインフレ率の上昇率はさらに鈍化するとの見方が多く、来年にかけて2%を下回る可能性があるとの声も聞かれている。ただし、市場参加者の一部は「8月PCEコア価格指数は前年比+3%台と想定されており、目標水準を上回る見込みであることを考慮すると、9月の非農業部門雇用者数の伸びが8月並みの水準でもFRBは11月または12月に量的緩和策の縮小に着手する可能性は高い」と予想している。


<FA>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.4 18.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介