◎〔NY金市況・詳報〕金現物、続伸=FRB議長発言を歓迎(29日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/07/30 07:21
 29日の金現物相場は続伸。近く利上げする公算が小さいことを示唆した米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言を、投資家が歓迎した。
 米東部時間午後2時19分(1819GMT)時点で、金現物は1.3%高の1オンス=1830.11ドル。一時1832.40ドルと、7月15日以来の高値を付けた。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月きりの清算値(終値に相当)は、1.8%高の1オンス=1831.2ドル。
 パウエル議長は、景気支援策を縮小する前に、雇用市場にはまだ改善の余地があるとの認識を示した。
 ハイ・リッジ・フューチャーズの金属取引部門ディレクター、デービッド・ミーガー氏は「FRBが雇用情勢を重視し、短期的に(物価上昇を)抑制しない意向のため、インフレの過熱は進むだろう。貴金属にとっては好ましい環境だ」と分析するとともに、「阻害要因がないため、この金相場の上昇は一時的な類いではなく持続可能だ」と付け加えた。
 ANZリサーチはリポートで「金融政策の先行き不透明感が増している状況やインフレ、株価変動のリスク上昇は、安全資産需要に有利に働く」と指摘した。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

54.7 45.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介