◎〔マレーシア・パーム油〕続落=大豆油相場は低迷(22日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/07/23 08:58
 続落。マレーシア政府による8月の輸出税公表を控える中、大豆油相場安に圧迫された。中心限月10月きりの清算値(終値に相当)は、28リンギ(0.7%)安の1トン=4121リンギだった。
 市場は輸出税率の引き下げを予想。クアラルンプールを拠点とするトレーダーは、「大豆関連の相場が軟調に推移しており、より多くの売りが見込まれている」と語った。
 貨物調査会社ソシエテ・ジェネラル・ド・スルベイヤンス(SGS)が21日に発表した7月1〜20日のマレーシア産パーム油製品の輸出は、前年同期比9.6%減の86万9542トン。インドと中国向けの出荷が減ったことが反映された。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.0 43.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介