○〔米株式〕NYダウ、小幅続伸=ハイテク株がけん引(22日)☆差替

配信元:時事通信社
投稿:2021/07/23 05:50
 【ニューヨーク時事】22日のニューヨーク株式相場は、ハイテク株がけん引し、小幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比25.35ドル高の3万4823.35ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は52.65ポイント高の1万4684.60で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比1億2044万株減の7億7289万株。
 取引前半は雇用関連指標の悪化が重しとなり、ダウ平均はマイナス圏で推移。米労働省が発表した週間新規失業保険申請件数は、市場予想に反して前週から増加した。コンファレンス・ボード発表の6月の米景気先行指数や、6月の米中古住宅販売件数も、市場予想に届かなかった。
 ただ、取引後半はハイテク株などがけん引し、ダウはプラス圏に浮上。来週発表される4〜6月期決算への期待から、マイクロソフトやアップルなどハイテク大手が買われ、相場を支えた。
 調査会社リフィニティブによれば、米主要500社のうち、決算発表を済ませた104社の88%が、市場予想を上回る決算内容だった。
 この日発表された主な決算では、化学大手ダウが、景気回復に伴う旺盛な素材需要に支えられ、売上高や純利益が市場予想を上回った。アメリカン航空グループも6四半期ぶりに純損益が黒字に転換。AT&Tも予想を上回る好決算だった。
 個別銘柄(暫定値)では、マイクロソフトが1.7%高、フェイスブックが1.4%高、アップルが1.0%高と、ハイテク大手の上昇が目立った。この他、ダウが1.3%高、AT&Tは0.4%高。一方、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が1.3%安、エクソンモービルが1.1%安など、金融とエネルギーは下落。アメリカン航空も1.1%安だった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.4 38.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介