◎〔NY債券〕長期金利、上昇=10年債利回りは1.29%(21日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/07/22 06:44
 【ニューヨーク時事】21日のニューヨーク金融・債券市場は、米景気への楽観論が強まり、安全資産とされる債券売りが優勢となった。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.06%ポイント上昇の1.29%となった。
 30年債利回りは同0.06%ポイント上昇の1.94%、2年債利回りは同0.01%ポイント上昇の0.21%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは同0.0025%ポイント低下の0.0507%だった。
 同日の米株式市場では、本格化している4〜6月期決算で、複数の企業が通期の業績見通しを上方修正し、景気に対する楽観論が広がり、相場が上昇した。債券市場でも、投資家のリスク回避姿勢が後退し、債券売りが先行した。
 19日には、新型コロナウイルスの変異株感染拡大への懸念から長期金利は急低下したが、20、21両日は売りが優勢となり、長期金利は先週末終盤の水準に戻った。
 米財務省が同日実施した20年物米国債入札の結果は、「やや軟調」と受け止められ、超長期の金利が上昇。10年物国債利回りにも波及し、売りに拍車を掛けた。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.5 42.5
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介