◎〔東京外為〕ドル、109円台後半=節目近辺で小動き(21日正午)

配信元:時事通信社
投稿:2021/07/21 12:01
 21日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、実需のドル買いが入るも心理的節目の110円が近づくと売り圧力が強まり、1ドル=109円台後半で小動きとなった。正午現在は、109円89〜89銭と前日(午後5時、109円62〜62銭)比27銭のドル高・円安。
 前日の海外市場では、米長期金利を眺めてもみ合った後、同金利の1.2%台への上昇に合わせ、ドルは109円90銭台まで浮上した。また、前日まで続いていた新型コロナウイルス感染拡大を背景としたリスク回避ムードが和らぎ、米株価は堅調に推移。「安全資産」とされる円は売られ、ドル買いが優勢となった。この日の東京時間は、109円80〜90銭台の狭い値幅で小動きとなっている。国内の4連休を前に実需筋によるドル調達の思惑が強まり、仲値にかけては強含むものの、引き続き心理的節目の110円近辺ではドル売りも強いとみられる。
 今週は国内でのコロナ感染者数が1000人を超える日が続く。市場関係者からは「リスク回避ムードがいったん後退したとはいえ、感染者数の増加傾向を見ると、景気への懸念は拭えず取引に慎重な姿勢が続く可能性がある」(外為仲介業者)との声が聞かれた。
 本日の東京時間は、連休を前に狭いレンジの値動きとなっているが、「欧州勢が参入する夕方にユーロ売り・ドル買いが強まれば、ドル円への波及も考えられる」(同)として、110円台まで値を伸ばす展開も見込まれる。
 ユーロは朝方に比べ対円でもみ合い、対ドルで軟化。正午現在、1ユーロ=129円38〜39銭(前日午後5時、129円18〜19銭)、対ドルでは1.1772〜1772ドル(同1.1783〜1783ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.2 42.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介