◎〔ロンドン外為〕円、109円台後半(14日正午)

配信元:時事通信社
投稿:2021/06/14 20:07
 【ロンドン時事】週明け14日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、手掛かり材料難の中、1ドル=109円台後半の小動きとなった。正午現在は109円65〜75銭と、前週末午後4時(109円70〜80銭)比05銭の円高・ドル安。
 市場では15〜16日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)に関心が集まっており、様子見ムードが強い。13日閉幕した先進7カ国首脳会議(G7サミット)の結果は材料視されなかった。
 対ユーロは、1ユーロ=132円90銭〜133円00銭(前週末午後4時は132円90銭〜133円00銭)と変わらず。ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2115〜2125ドル(1.2105〜2115ドル)だった。
 ポンドは1ポンド=1.4100〜4110ドル(1.4120〜4130ドル)、スイスフランは1ドル=0.8975〜0.8985フラン(0.8985〜8995フラン)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

60.5 39.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介