◎〔NY債券〕長期金利、低下=10年債利回りは1.43%(10日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/06/11 06:28
 【ニューヨーク時事】10日のニューヨーク金融・債券市場では、注目の米消費者物価指数(CPI)後の売りをこなし、長期金利は低下した。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.06%ポイント低下の1.43%となった。
 30年債利回りは0.04%ポイント低下の2.13%、2年債利回りは0.01%ポイント低下の0.15%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0026%ポイント上昇の0.0279%だった。
 朝方発表された注目の5月のCPIは前月比0.6%上昇、コアは0.7%上昇と、いずれも市場予想を上回る内容。これを受けて10年物は売りが先行した。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ加速は「一時的」とみる中、警戒感の高まりは限定的で、売り一巡後は買いが優勢な展開となった。
 午後は30年物入札を無難に通過した後、新規材料難だったものの、10年物利回りはじりじりと低下し、3月3日以来3カ月超ぶりの低水準を付けた。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.8 38.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介