○〔米株式〕NYダウ、小反発=今週の下げで安値拾い(10日)☆差替

配信元:時事通信社
投稿:2021/06/11 05:37
 【ニューヨーク時事】10日のニューヨーク株式相場は、今週の下げを受けた安値拾いの買いが入る中、小反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比19.10ドル高の3万4466.24ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は108.58ポイント高の1万4020.33で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比5090万株減の9億2201万株。
 朝方発表された注目の5月の米消費者物価指数(CPI)は前月比0.6%上昇、コアCPIは0.7%上昇と、いずれも市場予想を上回る内容。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ加速は「一時的」とみる中、緩和に積極的な姿勢が変化するとの懸念は強まらなかった。
 今週のダウは3日続落していたこともあり、買いが入りやすい状況で、取引時間の大半で堅調に推移したが、取引終盤に上げ幅を縮小した。CPIを眺めて長期金利はいったん上昇したものの、低下に転じ、割高感があるハイテク株への買いの支援材料となったもようだ。
 業種別では、ヘルスケア、不動産、通信、ITなどが堅調だった一方、金融や資本財、素材は軟調だった。
 個別銘柄では、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが3.5%高、メルクが2.9%高、アムジェンが2.1%高。シスコシステムズが1.9%高、セールスフォース・ドットコムが1.8%高、マイクロソフトが1.4%高、インテルが0.7%高。
 一方、キャタピラーは3.8%安。金融株のゴールドマン・サックスは2.5%安、JPモルガン・チェースは1.6%安。
 前日に新たな最高経営責任者(CEO)を起用すると発表したゲームストップは27.2%安と急落した。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

63.8 36.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介