明日の株式相場に向けて=不動産株は蘇るのか

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/06/09 17:27
明日の株式相場に向けて=不動産株は蘇るのか  9日の東京市場は、日経平均株価が前日比102円安と続落。市場では10日の米5月消費者物価指数(CPI)の発表を前に様子見姿勢が強い。

 焦点は米インフレ懸念の行方であり、高PER銘柄のハイテク株には警戒感が強まっている。そのハイテク株と逆行する形で上昇基調にあるのが、不動産株だ。この日も三井不動産<8801.T>や住友不動産<8830.T>といった大手不動産株が年初来高値を更新。住友不が前日比で7%高と急騰するなか、「海外投資家などが買いを入れているのではないか」(アナリスト)との観測が出ている。

 不動産株上昇の要因は、ひとつには新型コロナワクチン接種拡大に伴う「経済正常化」期待だが、もうひとつは「金利上昇を視野に入れたインフレヘッジ」(同)としての側面も指摘されている。米国では不動産関連のCBREグループが上昇基調を強め、iシェアーズ米国不動産ETFが上値を切り上げている。

 日本では、JR東海<9022.T>などとともに東急<9005.T>や西武ホールディングス<9024.T>など私鉄株が新高値に買われているが、土地持ちの側面も評価されている様子だ。また、足もとで不動産投信のREIT市場は上昇基調にあり、星野リゾート・リート投資法人<3287.T>やいちごホテルリート投資法人<3463.T>などホテル型REITが強調展開となっている。

 米CPI発表を控え明日も様子見姿勢が予想されるが、東証マザーズ指数は上昇しており個別株物色が続きそうだ。明日はワンダープラネット<4199.T>が東証マザーズに、テンダ<4198.T>がジャスダックにそれぞれ新規上場する。積水ハウス<1928.T>やラクスル<4384.T>が決算発表を予定している。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
28,751.62
(11/26)
-747.66
(-2.53%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

64.7 35.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介