◎〔シカゴ・トウモロコシ〕大幅続伸=ブラジルの天候や供給不足で(4日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/05 08:29
 大幅続伸。一時、中心限月が2013年以来初めて1ブッシェル=7ドルを超えた。
 7月きりの清算値(終値に相当)は17.25セント高の696.75セント。一時、中心限月としては13年3月以来最高となる704セントまで上昇した。
 トレーダーらは引き続きブラジルでの不都合な乾燥状態に注目している。一部のトレーダーは生産高減少で輸出需要の米国への切り替えがさらに進むと見込んでいる。
 ブラジルの穀物商社アネクによると、5月のブラジルのトウモロコシ輸出はゼロに転落すると見込まれている。4月の輸出高は2万9991トンだった。
 トウモロコシ相場は秋に米国で収穫されるまで世界全体で供給逼迫(ひっぱく)が続くとの根強い不安に支えられている。
 トレーダーらによると、米国南西部で積極的な作付けが進んでいることから、農家は慌てて旧穀を販売しているわけではないという。
 アナリストによると、これまでのところ相場高による米国の家畜用飼料やエタノール生産向けの需要への影響はほとんど出ていない。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.3 42.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介