◎〔NY外為〕円、109円台前半(4日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/05 06:18
 【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク外国為替市場では、将来的な日米金利差の拡大観測などを背景に円売り・ドル買いがやや優勢となり、円相場は1ドル=109円台前半で弱含んだ。午後5時現在は109円26〜36銭と、前日同時刻(109円02〜12銭)比24銭の円安・ドル高。
 ドルの買い戻しが先行した海外市場の流れを引き継ぎ、ニューヨーク市場は109円30銭で取引を開始した。朝方発表された3月の米貿易収支統計と前後して、流れはいったん反転し、円は一時109円付近に上昇。ただ、その後に発表された3月の米製造業受注はほぼ市場予想通りで、2カ月ぶりにプラスに転換した。
 また、イエレン米財務長官は午前11時ごろに始まったインタビューで、バイデン大統領が提唱する4兆ドル規模の成長戦略について、「経済の規模に比べて追加歳出額は比較的小さいが、景気が過熱しないように金利を引き上げる必要があるかもしれない」と発言。これを受け、円は将来的な金利差拡大の観点から再びドルに対して売られるなど、やや方向感に欠ける商いとなった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2008〜2018ドル(前日午後5時は1.2058〜2068ドル)、対円では同131円30〜40銭(同131円53〜63銭)と、23銭の円高・ユーロ安。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.4 31.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介