◎〔NY金〕反落(4日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/05 04:47
 【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米金利上昇の可能性を示唆したイエレン米財務長官の発言をきっかけに売りが強まり、反落した。中心限月6月物の清算値(終値に相当)は前日比15.80ドル(0.88%)安の1オンス=1776.00ドル。
 朝方は堅調に推移し、2月下旬以来の1800ドルを試す展開。しかし、イエレン財務長官がバイデン政権の成長戦略をめぐり「極めて緩慢な金利上昇につながる可能性がある」と述べたことが伝わると、金利先高感から売りが台頭。金塊は1795ドル近辺から一時1770ドル前後まで一気に値を下げた。
 1800ドルの節目を抜けなかったことで利食い売りも出たほか、対ユーロでのドル上昇もドル建てで取引される金塊相場の圧迫要因となった。
 金塊現物相場は午後1時47分現在、1オンス=1777.415ドル。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.3 31.7
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介