◎〔シカゴ大豆〕反落=11月きりは米農家のコーン移行予想で上昇(3日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/04 08:38
 反落。中心限月7月きりの清算値(終値に相当)は10.25セント安の1524.00セント。
 一方で秋に収穫される作物を代表する11月きりの清算値は、5.00セント高の1344.75セント。農家が、大豆用の農地の一部にトウモロコシを植え付けるとの予想が背景にある。
 トウモロコシ相場の急伸によって、米国で大豆の作付面積がトウモロコシに奪われるとの予想から、トレーダーは新穀を買って旧穀を売るスプレッド取引を行っていた。
 ロイター通信の調査によると、米農務省が米中部時間午後3時(2000GMT)に発表する週間作物報告では、2日時点の大豆の作付け進捗(しんちょく)率が25%になると予想されている。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介