NY為替:4月ISM製造業景況指数低下でドル買い縮小

配信元:フィスコ
投稿:2021/05/04 06:30
3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円52銭から108円90銭まで下落し、109円09銭で引けた。米4月ISM製造業景況指数は上昇予想に反して低下したため、強い景気回復への期待は後退し、米国債相場が上昇。長期金利低下に伴うドル売りに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは1.2042ドルから1.2076ドルまで上昇して、1.2064ドルで引けた。予想を下回ったものの依然高水準となったユーロ圏4月マークイットPMIを好感したユーロ買いに加え、欧州連合(EU)欧州委員会が、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した渡航者対象に不要不急のEU入域を認める規制緩和策を提案。今夏に向け、域外からの観光目的での渡航も可能になるとの報道を受けた回復期待にユーロ買いが優勢となった。ユーロ・円は131円92銭から131円45銭まで下落した。ポンド・ドルは1.3867ドルから1.3932ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.9148フランから0.9093フランまで下落した。

<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

57.3 42.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介