米国株見通し:上げ渋りか、雇用統計を見極め

配信元:フィスコ
投稿:2021/05/03 15:14
(14時50分現在)

S&P500先物      4,183.88(+9.38)
ナスダック100先物  13,860.75(+10.75)


グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は100ドル高。NY原油先物(WTI)は下げ渋り、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。


4月30日の取引で主要3指数は反落。S&P、ナスダックとともに下げに転じたダウは185ドル安で34000ドル台を維持できず、33874ドルで取引を終えた。この日発表された個人消費支出やミシガン大学消費者態度指数(確報値)は底堅い内容となり、回復期待は継続。ただ、世界経済をけん引する中国のPMIが低調な内容となったほか、インドの新型コロナウイルスまん延が深刻化するなか、米国経済への影響を懸念した売りが優勢となった。


本日は伸び悩みか。前週発表された国内総生産(GDP)など主要な経済指標が堅調な内容となり、正常化期待の買いが入りやすい地合いに。今晩のISM製造業景況感指数はコロナ危機前の水準を上回ると予想され、債券売り・株買いを誘発しよう。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)は緩和的な政策を長期化させる方針を維持しているものの、緩和縮小への市場の思惑は根強い。そのため、今週末の雇用統計を見極めようと、一段の買いは手控えられそうだ。



<TY>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.4 41.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介