『出前館』、熊本市と連携、デリバリーを促進する取り組みを再実施

配信元:PR TIMES
投稿:2021/05/01 13:18
~市民の食事をサポートし、コロナ禍における外出自粛も促進~

 日本最大級の出前サービス『出前館』(運営:株式会社出前館)は、熊本県熊本市(市長:大西 一史)と協働で、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた熊本市民の外出自粛を促進するため、2021年5月1日(土)~6月30日(水)の間、対象店舗が送料無料となる取り組みを実施いたします。




 『出前館』では、昨年から続く新型コロナウイルス感染症に対応すべく、さまざまな自治体との取り組みを行ってまいりました。いまだ収束の目途がたたない新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、2021年1月には千葉市、2月には熊本市、北海道と連携し市民の外出自粛促進や食事のサポートを目的に、対象店舗が送料無料となる取り組みを実施いたしました。前回、多くの熊本市民の皆さまに本取り組みをご利用いただいたことから、今回再び熊本市と連携し、2021年5月1日(土)~6月30日(水)の間、『出前館』の対象店舗が送料無料となる取り組みを行い、市民の外出自粛時の食事をサポートいたします。


 引き続き『出前館』では、新型コロナウイルス感染症に伴う市民の課題解決、負担軽減に少しでもつながるよう、さまざまな地域と協力し市民の食をサポートしてまいります。



実施概要

・概要:『出前館』サービス画面上で「熊本市が応援」の表記がある店舗の送料が無料
・期間:2021年5月1日(土)~6月30日(水)
※上記、取り組みの適用条件などは予告なく変更、中止となる可能性がございます。
※予算に達し次第、キャンペーンは終了します。


【『出前館』とは】
 『出前館』は、アプリやサイトから簡単に注文でき、さまざまな食事シーンで活用可能なフードデリバリーサービスです。注文から出来立ての状態でのお届けを実現し、現在、加盟店舗数は70,000店舗以上で、国内最大級のサービスとして展開しています。また、単なるフードデリバリーサービスだけではなく、地域密着のオンラインとオフラインを繋ぐサービスとして進化し続けています。シェアリングデリバリー(R)(配達代行)やテイクアウト事業、インキュベーションキッチン(R)(クラウドキッチン併設型デリバリー拠点)など、次々と新しい事業に取り組み地域の活性化を実現するライフインフラを創造します。


【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:(東京本社)〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5丁目27番5号 リンクスクエア新宿11階
代表者: 代表取締役社長 藤井 英雄
WEBサイト:https://corporate.demae-can.com/
概要:日本最大級の出前サービス『出前館』の運営
資本金:161 億 1,342 万円(2020年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日                     
※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
配信元: PR TIMES

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2484
1,778.0
(05/13)
+58.0
(+3.37%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.3 41.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介