◎〔マレーシア・パーム油〕続落=インドの需要減退懸念(30日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/01 08:41
 続落。最大の輸入国であるインドの新型コロナウイルス感染拡大による需要減退への懸念と、競合油の下落に追随した。
 中心限月7月きりの清算値(終値に相当)は、前営業日比68リンギ安の1トン=3868リンギ。
 クアラルンプールのトレーダーはロイター通信に対し、海外市場の動きがパーム油相場を圧迫していると述べた。
 大連商品取引所の大豆油は0.98%安。パーム油は1.57%安。週末を控えた利食い売りが出た。
 インドでは30日、1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が過去最多の38万6452人に上った。死者は3498人。市場心理を圧迫する一方、マレーシアとインドネシアからのパーム油輸出は増加し、相場の下げ幅を抑えた。
 マレーシアの調査会社のデータによると、4月のパーム油輸出は前月比9.7%増加した。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.9 41.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介