○〔米株式〕NYダウ、反落=利益確定売りで(30日)☆差替

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/01 05:49
 【ニューヨーク時事】週末30日のニューヨーク株式相場は、好調だった米IT大手の決算が終わり、利益確定売りに押され、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比185.51ドル安の3万3874.85ドルで終了した。ハイテク株中心のナスダック総合指数は119.87ポイント安の1万3962.68で終わった。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比2億9765万株増の12億4447万株。
グーグルの親会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの米IT大手の1〜3月期決算が前日までに出そろい、そろって大幅増益となった。4社のうち、最後の発表となったアマゾンは、純利益が前年同期比で3.2倍に増加。「巣ごもり」需要が続いているのに加え、有料会員も伸びた。
 ツイッターの1〜3月期決算も、インターネット広告が好調で売上高が大きく伸びた。注目が集まっていたIT大手の決算が終わったことで、利益確定の売りが出た。アップルは1.5%安、ツイッターは15.2%安、アマゾンも0.1%安だった。
 海外経済への懸念も相場の重荷となった。4月の中国購買担当者景況指数(PMI)は、前月から低下した。低下は2カ月ぶりで、市場予想にも届かなかった。また、欧州連合が発表したユーロ圏19カ国の1〜3月期実質GDP(域内総生産)は2四半期連続でマイナスだった。中国経済の回復鈍化や欧州経済の足踏みへの懸念が、投資家心理を冷やした。
 景気変動の影響が大きい銘柄は売られた。ダウは2.4%安、スリーエムも1.0%安。JPモルガン・チェースが0.9%安、ゴールドマン・サックスも1.3%安など金融株も安い。
 30日に1〜3月決算を発表したエクソンモービルとシェブロンは、そろって黒字転換したが、下落した。シェブロンは3.6%安、エクソンも2.9%安だった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

60.6 39.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介