◎〔NY金〕4日続落=月間では3.0%上昇(30日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/05/01 02:52
 【ニューヨーク時事】週末30日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、新規材料難の中、対ユーロでのドル高を背景に売られ、小幅ながら4営業日続落した。中心限月6月物の清算値(終値に相当)は前日比0.60ドル(0.03%)安の1オンス=1767.70ドル。金相場は月間で3.0%上昇した。
 対ユーロでのドル上昇がドル建てで取引される金塊などの商品の割高感につながり、金相場は圧迫された。ただ、週末を前に売り買いのきっかけとなる材料に欠け、金相場は動意薄の展開。朝方に発表された3月の米個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比2.3%上昇と、2年7カ月ぶりの大幅な伸びとなったが、相場の反応は限定的だった。
 キトコのジム・ワイコフ氏によると、直近の上値抵抗線は1775ドル、次いで1780ドルにあり、下値支持線は今週の安値の1754.60ドル、次いで1750ドルにあるという。
 金塊現物相場は午後1時31分現在、1オンス=1768.245ドル。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.3 41.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介