◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反落(30日午前)

配信元:時事通信社
投稿:2021/04/30 23:26
 【ニューヨーク時事】週末30日午前のニューヨーク株式相場は、米主要IT企業の決算発表を終えて利益確定の売りが台頭し、反落している。午前10時現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前日終値比100.26ドル安の3万3960.10ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が40.14ポイント安の1万4042.41。
 インターネット通販最大手のアマゾン・ドット・コムが前日引け後に発表した1〜3月期決算は、新型コロナウイルスの流行を背景とした「巣ごもり」需要が継続し、売上高と純利益がともに過去最高を更新。これにより、同社にアルファベット(グーグル)、アップル、フェイスブックを加えた「GAFA」と称される4社の決算が出そろい、売上高はいずれも同期としての過去最高となった。ただ、週末を前に、これら巨大IT企業の好業績を織り込む形で上昇してきた相場に一服感が浮上した。
 米国内で堅調な経済指標が目立つ一方、海外では中国の製造業購買担当者景況指数(PMI)が4月は低下したほか、ユーロ圏の1〜3月期実質GDP(域内総生産)速報値が2四半期連続のマイナス成長となるなど、足踏みが続いていることも投資家心理を冷やしている。
 個別銘柄を見ると、朝方発表した決算が減収減益となった石油大手シェブロンが1.7%安と、ダウ平均を下押し。ハイテク関連では、アマゾンが2.3%高で推移。半面、利用者の伸びが鈍る可能性があるとの見通しを示したツイッターが13%超安と売りを浴びている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.8 41.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介