◎〔東京株式〕堅調=輸出株に再び買い(9日後場中盤)

配信元:時事通信社
投稿:2021/04/09 14:03
 (14時00分)後場中盤の日経平均株価は上げ幅が前日比200円前後を保ち、堅調に推移している。米国株先物の上昇を受けて、後場序盤に伸び悩んだ輸出関連銘柄に再び買いが入り、日経平均を押し上げている。
 ファーストリテ〈9983〉が大幅に値下がりし、日経平均を110円ほど押し下げているが、東証1部全体では約7割の銘柄が値上がりしている。週末後場とあって利益確定売りはやや厚いが、「短期投資家の注文とみられる小口買いが途切れず、相場の基調は強い」(銀行系証券)という。

 (後場寄り)9日午後の東京株式市場は、中国・韓国株の軟調、週末を控えたポジション調整の動きが意識され、日経平均株価は前日比89円58銭高の2万9798円56銭と、前引けより上げ幅を縮小して始まった。

 (前引け)【第1部】前日の米国株高を好感して高寄りしたが買いは続かず、当面の利益を確保する売りも厚く、上値は重かった。日経平均株価は一時3万円を上回った後、前日比110円68銭高の2万9819円66銭と伸び悩んで午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は11.70ポイント高の1963.56と堅調。
 67%の銘柄が値上がりし、28%が値下がりした。出来高は5億9435万株。売買代金は1兆4846億円。
 業種別株価指数(33業種)は海運業、その他金融業、水産・農林業などが上昇。下落は鉱業、鉄鋼、小売業など。
 【第2部】しっかり。出来高は1億2348万株。
 【新興株】東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均株価ともに上昇。

 (10時30分)日経平均株価は朝方に前日比355円37銭高の3万0064円35銭まで上昇したが、その後は東証1部全体で売りが増加。心理的な節目の3万円を下回って推移している。「週末で買い建てを手じまいたい短期投資家にとって、朝方の上昇場面が格好の売り場となった」(インターネット証券)との指摘があった。
 
 (寄り付き)9日午前の東京株式市場は、前日の海外株式市場で欧州がほぼ全面高、米国も主要株価指数がそろって上昇したことを好感し、日経平均株価は前日比156円55銭高の2万9865円53銭と、反発して始まった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.7 27.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介