◎〔週間見通し〕RSS、下値探りの展開=トレーダーズタイムズ・小針氏

配信元:時事通信社
投稿:2021/04/09 11:19
 小針秀夫・トーキョートレーダーズタイムズ代表=来週の大阪取引所のゴムRSS先物相場は、下値を探る展開になるだろう。
 JPXの9月先ぎりは今週に入ってじりじりと水準を下げ、240円を割り込み、先ぎり継続足としては2月15日以来の安値に沈んだ。長期的なトレンドは上方向とみているが、短期的には上昇基調に戻るための安値形成場面と考えている。その場合でも、1月に220円近辺まで下がった後、反発に転じたことを踏まえると、同水準がサポートラインになると思われる。
 中長期で上昇トレンドと想定する根拠としてまず挙げられるのは、供給の引き締まりだ。2020年の天然ゴムの生産量は前年比9%減。21年は8.6%増と見込まれているものの、コロナ禍前より1%超少ない。
 こうした中、大豆やトウモロコシなどの穀物相場を中心に商品は全面高となっており、インフレ懸念が前面に出ている。実際、米国のインフレ率を見ると、20年12月は1.2%だったが、今年3月は1.7%に高まり、4月は2.4%と予想されている。この状況がゴム相場にも波及するとみている。
 上海ゴム市場に目を向けると、昨年12月の安値と今年3月の安値でダブルボトムを形成し、現在は上昇トレンドの入り口に位置している。JPX市場も、本格的な上昇基調に戻るための入り口を探す状況にあると考えられる。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.7 27.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介