◎〔外為・今日の材料〕ドル、109円台前半=米金利低下で軟調(9日)

配信元:時事通信社
投稿:2021/04/09 08:01
 9日の東京外国為替市場のドルの対円相場は、前日の海外市場で売りが強まった流れを受け、1ドル=109円台前半で軟調な展開が見込まれる。米雇用関連指標の悪化で米長期金利が低下したことが圧迫要因。チャート的にも「下値を模索しやすい」(FX業者)とされ、なお売られる可能性がある。予想レンジは108円95〜109円60銭。
 前日の海外市場では、欧州時間の序盤は109円台半ばで強含む場面もあったが、米国時間にかけて米長期金利の低下が進み、ドル売り・円買いが強まった。最新週の米新規失業保険申請件数が予想外に悪化したことで109円前後に続落。終盤には下げ渋り、109円30銭前後に浮上した。東京時間の早朝も同水準。
 最新週の米新規失業保険申請件数は1万6000件増の74万4000件と2週連続で悪化。予想外の悪化で雇用情勢への懸念が広がり、米債買い(利回り低下)が活発化した。また、パウエルFRB議長が8日、IMFのオンラインイベントで、今後は物価上昇圧力が強まる可能性があるものの、「影響は一時的」と改めて指摘。「長年の基調的なインフレ心理が変わる公算は小さい」と明言したことが米金利低下につながった。
 東京時間も売られた流れが続き、「ドル円は軟調な展開になる」(同)とみられる。もっとも、「値ごろ感からの買い戻しや実需筋の買いが入る可能性はある」(大手邦銀)ため、「日中は109円台前半で値固め局面になる」(同)と見込まれる。東京時間通過後は「買いは薄くなり、下値を模索する可能性がある」(同)という。
 本日は、東京時間は3月の中国消費者物価・卸売物価、3月の中国新車販売、欧米時間は2月の独貿易統計、2月の独鉱工業生産、3月の米卸売物価、2月の米卸売売上高などが予定されている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

55.4 44.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介